製品

【English】

Vitarateイタ

イタ・センサーを用い鼓膜ら発られる赤外線量を測とによって深部体温を常時監視します
同時に心拍数を測体温と心拍の状態を解析トによっ分析・監視すること健康と安全の状態を見守危険予知情報をユーザーへ報せま
早稲田大学で開発された高体温による障害をいち早く察知するズムに使用できる機器です。

 

 

Vit Thermoサーモ)

スポツの現場などでは、高体温障害のリスクが高まります。しかし、スポーツのフィールドで使える体温計は実はありません。その理由は、環境の温度や発汗などによって測定値に大きな誤差が出てしまうからです。また、このような際には、深部体温と呼ばれる体の中心の温度を測定することが重要になります。
運動時の体調不良時には、まず高体温障害の有無を調べることが必要です。また、高体温になっていた場合は場合は休憩やクーリングによって、体温が下がっているのを確認しなければなりません。
ビットサーモは、体温計ではありませんが、体の中心の温度を反映する鼓膜の温度を安定して、かつ連続的にモニターできる機能を持っています。これは実際の運動中の直腸温度を測定しながら比較した実験によっても明らかになっています。ビットサーモは、フィールドでの体調管理や、対策に必要な機器です。また、従来、有資格者でしか可能ではない直腸温度計測を用いずに、体深部の温度を簡単に推定できる可能性を持っています。

 

【ホーム】